光回線 料金

インターネットを契約・使用していく上で通常毎月かかってくる料金

光回線インターネットを家に引いた際に毎月かかってくる料金は基本的に

月額利用料
▼ ▼ ▼
回線料金 + プロバイダー料金(※別途セキュリティ) + 機器(ONU等)レンタル料金



となります。また、初期費用として「工事費用」や「契約事務手数料(登録料)」などが最初に別途かかってきます。工事費用に関しては、大体15,000円〜40,000円程度。契約事務手数料に関しては、大体数百円〜3,000円程度が相場となります。工事費用に関しては、時期によって無料キャンペーンを実施しているところがいくつかあります。

セキュリティサービスに関しては、多くがプロバイダーの提供するサービスとはいえプロバイダー料金とは基本別に料金がかかってくるものですが、現在の人気No1プロバイダーのSo-netやBIGLOBEなど、最先端セキュリティをキャンペーンにより一定期間無料提供しているところもあります。セキュリティはインターネットを利用していくためには誰しも必要不可欠ですので、こういったキャンペーンは嬉しいものですよね。

また、ある程度ネットに精通してらっしゃる方の場合は個人で別企業の販売するセキュリティソフトを購入してご利用なさる方もいらっしゃいます。しかし、これは使用に際して多少ITの知識が必要な場合もありますし、面倒を避けるためには大半の方にはプロバイダーの提供する相性抜群のセキュリティを私はおすすめ致します。



料金に関しましては、どの光回線も「集合住宅(マンション)」と「戸建て(ホーム)」とで料金プランが分かれます。基本的にはマンションプランのほうが集合住宅としてまとまった数のユーザーが同じ回線を使用することになりますので、個々の回線料金は戸建てプランよりも一回り程度基本的な月額料金が安くなります。

現状、マンションプランでは、「回線料金」「プロバイダー料金」「機器レンタル料金」全て込みで安くて月額3,000円台から。戸建てプランだと月額4,000円台からとなっています。


また、マンションプランは集合住宅であれば必ず適用となるわけではありません。どのプランが適用されるかはお問合せ時もしくはお申し込み時の受付担当者より、お住まいの地域や建物に応じてご案内があります。どの光回線も提供エリアは年々緩やかに広がり続けるものではありますが、お住まいの集合住宅に関して、ご希望の光回線がすでに提供対象となっている地域・物件なのか否かはお問合せしないと分かりません。

ご希望の光回線に関してすでに提供対象となっている集合住宅であれば、一部例外はありますがその回線における「マンションプラン」を適応することができ、そうでない集合住宅である場合はご契約を断られるか、もしくは他のプランが適用となる場合もあります。築年数の短い比較的新しいマンション等であれば、そこが提供エリアとなっている大手回線は大抵すでに提供対象となっていますので、お得なマンションプラン適用と思って良いでしょう。古い物件になるほど注意が必要です。

とりわけ、最大手回線の1つ-auひかりに関しては「マンションプラン」と「戸建て(ホーム)プラン」の2種類がありますが、マンションプランに関してはその名の通り‘マンション’のみ適用可能となっており、小規模集合住宅となる‘アパート’に関しては適用不可となっています。以前あった「マンションミニギガ」というauひかりアパート用のプランは現在はもう新規導入を終了しているのですが、これが導入済みのアパートであれば比較的お得なこのプランを現在も適用することができます。そうでないアパートに関しては、3階建て以下のアパートであれば戸建て(ホーム)プランが適用可能となっています。4階建て以上のアパートに関しては例え3階以下にお住まいであっても残念ながらauひかり開通不可となりますので、お申し込みを入れても「申し訳ございませんが‥」とお断りされることになるでしょう。

また、今もなお国内シェアではトップを走るフレッツ光回線サービスの場合、マンションプランに関してはその住宅における契約見込み数が多ければ多いほど、1契約者あたりの料金負担は軽くなるよう細かく料金設定されています。その為、戸数が30や50などとっても多い集合住宅である場合には、未だフレッツ光のほうが光コラボレーションを含めた他のどの回線よりも月額料金が安くなる場合もあるようです。

また、一部地域、一部物件においては、諸々の事情で光回線自体引くことが不可能となっているところもあります。そういったところに関しては、お問合せ時に「大変申し訳ございませんが・・」とお断りされることになるでしょう。


光回線終端装置「ONU」とは・・


 光回線による通信を行うためには、事業者側と加入者側とで対になった電気信号・光信号変換のための光回線終端装置が必要となります。このうち、加入者側の光回線終端装置のことを光ネットワークユニット 「ONU」(※Optical Network Unit)といいます。ちなみに事業者側の光回線終端装置は通常、SLT (Subscriber Line Terminal) またはOLT (Optical Line Terminal) と呼ばれるものを使用します。一般ユーザーが家に光回線を引くときには、このONUを家に置いて設定しておかないとインターネットはつながりません。従来の主流だったADSLにおきましては、「モデム」と呼ばれるデータ回線終端装置がこのONUに相当し、ディジタル信号とアナログ信号の変換を行うものでした。ADSLは周知の通り、電話回線(アナログ信号)を使用したインターネット接続サービスですので、パソコンから出たディジタル信号はアナログ信号に変換しないとデータは伝送されません。その信号変換のためにモデムが必要だったわけであり、これが光回線の場合であれば、ONUという光回線終端装置が必要というわけですね。

結局月額でいくらかかるのか分からない‥(追加料金が心配)。

インターネットの利用にかかる月額料金は上記でも示している通り
「回線料金」「プロバイダ料金」「機器レンタル料金」「セキュリティ料金」
と基本的には4つの項目があります。

これらの他にも電話やテレビなど‥オプションとして選択することで追加で別途かかってくる料金もあります。
しかし、上記4つに関してはいずれもインターネットの利用においては必要不可欠なものです。

従来の人気No1だったフレッツ光においては回線料金のみがサイトに表示されていたりして料金表記がとても分かりにくいものでしたが、現在、個人向けにお得となる光回線は、各種光コラボレーションやauひかり、その他NURO光やeo光などの各地域限定の光回線となります。

これらに関しては全てコミコミの料金表記となっていますので、以前と比べて分かりにくさや煩わしさはほとんどなくなりました。しかし、それでも1点注意しておくと良いことがあります。

現在人気の各種光回線の代理店サイトに表記してある月額料金は、どこも上記4つの項目が全てコミコミではあるものの、代理店サイトによっては同じ回線であっても月額料金が安く表記されていたりするのを目にされた方も多いかと思います。

同じ光回線であれば、基本どの代理店から申し込んでも月額料金は同じなのですが、おかしいですよね‥。その秘密は、各代理店が独自に行っているキャッシュバックキャンペーンにあります。


光回線の代理店によっては、自社で行っているキャッシュバック分をご契約月数分で割った金額を月額料金から差し引いた‘実質的な月額料金’を表記しているところもあるんですね。

そういった表記をしている代理店のサイトを見ると、「あっ!ここから申し込むとこの回線月額料金が安くなるんだな‥( ゚Д゚)ビックリ!」と勘違いしてしまわれる方も多いのではないかと思います。‥しかしそれは、実際に支払う月額料金が安くなるわけではなく、のちに返ってくるキャッシュバック分を考慮して差し引いた月額料金になっているだけのことなんですね。

代理店によってはキャッシュバックが開通から最短1カ月後など‥かなり早期に返ってくるところも最近は増えてきましたので、そういったところであれば問題ないのかもしれませんが、そうでない代理店であれば結局のところ、一度は高い月額料金を通常通り支払っていく必要があるわけです。この辺りの認識が違うとやっぱり予定外のことにもやもやを感じてしまったり、不都合も起きてしまうかもしれませんね。

キャッシュバックに関しては、開通から早い所だと、最短1カ月後のところもあれば2〜3か月後のところ、約半年後のところもあり、遅い所になると約1年後にキャッシュバックされるところも未だ少なくありません。そういった遅い代理店ほど、キャッシュバックの申請忘れによって結局1円も返ってこなかった‥などというトラブルも過去たくさんありました。そういったトラブルを避けるためには、各種光回線サイトはちゃんと脚注まで読んで注意しておくと良いですね。

光回線のおトクさを考える上で大切なポイントとは・・。

インターネット回線はお申し込みされる方のお申し込みプランや
マンション住まいか一戸建て住まいか‥等でキャッシュバック金額が違ったり、
ちょっとした条件の差で割引キャンペーンが適用されたりされなかったりします。

光回線インターネットのお得さを考える上ではキャッシュバックや割引キャンペーンが適用するか否かはとても大切ですから、適用条件詳細にはしっかり目を通しておきたいですね。

あと他に注目すべきポイントとしては、やはりご利用中の携帯・スマホとのセット割の有無でしょう。
au、ドコモ、ソフトバンクといったモバイル通信会社系の大手光回線はいずれも自社の携帯キャリアとのセット割を設けています。このセット割の観点からいいますと、

●au携帯・スマホをお使いの方 ⇒⇒⇒ auスマートバリュー適用となる光回線(auひかり、コミュファ光、eo光、BBIQ、Pikaraなど) ‥又はauセット割のあるSo-net光。
●ドコモ携帯・スマホをお使いの方 ⇒⇒⇒ セット割・ずっとドコモ割のあるドコモ光。
●ソフトバンク携帯・スマホをお使いの方 ⇒⇒⇒ おうち割のあるソフトバンク光、NURO光。


がおすすめの光回線といえます。
キャッシュバックやネットの月額利用料の安さも大事ですが、長く使っていく前提でいえばこの携帯・スマホとのセット割は本当に大きいですからね。特にKDDIのauスマートバリューに関しては、サービス元が提供する回線サービス-auひかり、コミュファ光以外にも各地域の電力会社系光回線のほとんどで適用されますので、au携帯・スマホユーザーの方は選択肢が広いのが嬉しいですね。

 

サイトマップ